14. Movieレポート(マイティ・ソー バトルロイヤル)

NO IMAGE


 

映画レビューその3です。

(本レビューは個人の趣味嗜好によるものです。)

 

第3回はクリス・ヘムズワース主演の「マイティ・ソー バトルロイヤル」。

 

マーベルお馴染みの雷神の話です。

本作は3作目の作品で私は一応前作見ています。

大体の映画は2作目以降徐々に面白く無くなっていくと言う魔法にかけられて

いますが、マイティ・ソーは割と変わらず面白い印象です。

本作も楽しめました。

 

 

これまでよりも若干「暇を持て余した神々の遊び感」が強く、そんなのアリ?って

思ってしまうようなド派手な演出も多いです。

 

本作でなんと言っても良かったのは「ド派手な演出とツェッペリンのimmigrant song

この曲が流れてる時の演出は最高にかっこよかったです。

 

★★★★☆

 

です。

ちなみに本作で最も残念なのは、強引にアベンジャーズを登場させているようなところ。

ドクター・ストレンジとか出る意味あったんかと。

そして最強かと。

ストレンジとソーがいればキャプテンアメリカとかアイアンマンはいらなくね??

と言うレベルで強いです。

 

実は本作、英題は「thor:ragnarok」

作中にバトルロイヤルのシーンはないので、なぜ邦題をそうしたのかは本作一番の

謎です。英題のままで良かったんじゃ…

 

ご興味のある方は以下からどうぞ。

ちなみに字幕版がオススメです。(100円安いし、吹き替えはちょっと声とキャラの

イメージが違います)

 

  • 字幕版

 

 

 

  • 吹替版