仕事効率Up!!便利なExcelショートカットまとめ

みなさまこんにちは。今回は、仕事効率Up!!の為の便利なExcelショートカットをご紹介します。ご紹介するのは、私が仕事で使って見て、実際に「使える!!」と思い日々利用しているショートカットのみです。ショートカットは沢山ありますが、覚える時間と比べて、利用回数が少ないと思われるようなコマンドは載せません!(仕事内容にもよるので、私が普段使わないショートカットも、最後に少しだけフォローします)

中にはExcelだけでなく、WordやPowerpointなどのMS Officeファイル、テキストエディタなどのその他アプリケーションで利用できるものもあります。是非、日々の作業で活用いただき、作業時間の効率化を計りましょう!

Excel(エクセル)ショートカットとは


本題に入る前に、先ずExcelショートカットって何ですか?という方向けに簡単にご説明します。そもそも、「ショートカットキー」というのは、通常アイコンをマウスを使って選択して用いる機能を、キーボードのボタン操作のみで一瞬で利用できるようにする魔法のキータイプです!


仕事効率Up!!便利なExcelショートカットまとめ


では早速ショートカットを紹介していきます!なお、表の右にマニアック度をつけて見ました。値が低いとすでにみなさんがご存知の場合が多いかも(?)。

機能ショートカットキーマニアック度
選択しているセルをコピーCtrl + C1
選択したセルへ貼り付けCtrl + V1
Undo(直前の作業を取り消し)Ctrl + Z1
選択したセルの切り取りCtrl + X1
文字の検索ボックスを呼び出しCtrl + F1
文字の置換ボックスを呼び出しCtrl + H2
右のセルに移動
Tab1
セル内で改行 Alt + Enter1
保存(新規ファイルの場合は上書き保存)Ctrl + S1
選択したセルの文字入力を行いますF21
印刷Ctrl + P1
現在日付の入力(例:2019/1/4)Ctrl + ;2
現在時刻の入力(例:20:20)Ctrl + :2
複数セル選択し実行すると、起点となったセルの内容を他のセルにコピーCtrl + Enter2
上に入力されている内容をドロップダウン表示(*1)Alt + ↓3
名前をつけて保存
F122
新規エクセルブック(ファイル)をひらくCtrl + N2
選択したセルの文字に下線を引く(*2)Ctrl + 42
選択したセルの文字を斜体にする(*2)Ctrl + I2
選択したセルの文字を太文字にする(*2)Ctrl + B2
上のセルの内容をコピーするCtrl + D
3
選択したセルの書式設定ウィンドウを開くCtrl + 13
直前の動作の繰り返し(*3)F43
選択したセルの文字に取り消し線を引くCtrl + 53

*1…表示されたものを選択すると入力されます
*2…もう一度実行で解除
*3…直前に行った処理を選択したセルに実施します

その他のショートカットとOfficeの購入について


もっとショートカットを!という方のために、あまり使いませんが、もう少しショートカットのご紹介を。正直私は使いません(というか使いこなせてません)。ショートカット自体はまだまだ存在します!他にもシートを移動するショートカットなどがありますが、私には正直あまり覚えても。。でした。

機能ショートカットキー
ファイルを閉じるCtrl + W
ファイルを開くCtrl + O
選択したセルの行を非表示(もう一度実行で解除)Ctrl + 9
選択したセルの列を非表示(もう一度実行で解除)Ctrl + 0

ここまでショートカットをご紹介してきましたが、最後にMS Officeを個人利用する方向けの情報です。
Officeは実質世の中のデファクトスタンダードになっていますが、決して安いソフトではありません。購入すると3万円オーバー。且つ、定期的(最近では3年に1回)なバージョンアップが行われるため、最新機能を使う場合は都度購入が必要となります。
私がオススメなのは以下のOffice365 Solo。私も使っています。年間12,744円でOfficeが利用できます。もちろん、月額でも契約可能で、その場合は月額1,274円です。さらに、以下の特典がついてきます。

• 複数の Windows PC または Mac、タブレット、スマートフォン (Windows、iOS、Android*) で使用できます。

• Premium バージョンの Word、Excel、PowerPoint、Outlook (Publisher と Access は Windows PC のみ)

• 1 TB の OneDrive オンライン ストレージと高度なセキュリティ

• 他のユーザーとオンラインでドキュメントの共同作業を行うことができます。

• Microsoft のエキスパートからチャットや電話で技術サポートを受けることができます。

• 年次または月次サブスクリプションです。サブスクリプションは自動的に継続されます。いつでもキャンセル可能です。

「Microsoft 製品ページ」より引用


Officeの購入をご検討の方で、特に、常に最新バージョンを利用されたい方、PCを複数台お持ちでいずれのPCでもOfficeを利用されたい方、Officeを常に使い続ける必要のない方は、年間契約や、月単位でのピンポイント契約をご検討されてはいかがでしょうか。(利用じにセキュリティパッチも最新のものが自動適用されます)


使ってみたい方は、私でよければ相談に乗りますのでお気軽にCONTACTからご連絡ください。

今回は以上です!