まだ間に合う!ふるさと納税をより一層お得に行う方法

NO IMAGE

みなさまこんにちは。平成最後の年末もあと2日。2018年のふるさと納税は今日明日で行わないといけません。今回は、そのふるさと納税をより一層お得に行う方法をご紹介します!
ちなみにふるさと納税は、ざっくり言うと、自分の納税したい町村に納税(正確には寄付という位置付けになります)すると、その納税額から2000円を引いた金額が、翌年(2018年のふるさと納税を行った場合は2019年)の住民税と所得税が控除されるというものです。
もう少し具体的に説明すると、サラリーマンの方は、月々の給与から住民税や所得税が差し引かれる形で銀行へ入金される方がほとんどと思いますが、寄附をした合計金額から2,000円を差し引いた額が、翌年納める住民税、さらに所得税は還付という形式で控除になります。
これだけだと、あらかじめ収めているだけで、さらに2000円とられて、いいことないじゃん!という感じですが、ふるさと納税の真髄は各市町村が用意している返礼品にあります。例えば、10万円の納税をすると、そのお礼として、市町村から4万円のアマゾンギフトカードがもらえたり。2万円の納税をすると、鹿児島県産黒毛和牛ステーキ800gがいただけたり。といったかなりの恩恵にあずかれるのです。
今回は、そんなお得なふるさと納税をまだ行われていない方向けに、更にお得にふるさと納税を行う方法をご紹介します。

まだ間に合う!ふるさと納税をより一層お得に行う方法


本日、明日と今年はあと2日を残すばかりですが、まだ間に合います!ふるさと納税は、インターネットで行えるからです。簡単な手順は以下です。

  • ふるさと納税サイトのアカウントを作成
  • 寄付先市町村を選択
  • 納税処理を実施(クレジットカードが必要です)
  • ワンストップ特例納税の手続きを実施


上記の処理はこちらを見ていただくとわかりやすいと思います。
#「ふるなび」のWebサイトが開きます。

さらにお得にふるさと納税を!


ここからはさらにお得にふるさと納税を行う方法。2つほどあります。
その1、アフィリエイトサイトを使う方法。ブロガー向けです。アフィリエイトサイトには、セルフバックという仕組みがあり、そちらを使うと、自分のふるさと納税サイトへのアクセスと購入で1%の報酬が得られます。つまり10万分寄付すると、1000円もらえる。私が登録している「ふるなび」のセルフバックができるのは、VALUECOMMERCE。ブロガーの方はぜひお試しください。
その2、Bitflyerを使う方法。仮想通貨民向けです。BitFlyerにアカウント登録している必要がありますが、こちらも「ふるなび」へのリンクがあり、こちらからふるなびへ遷移してふるさと納税を行うと、6%分のBitcoinがもらえます。みなさんもぜひお試しを!

あと2日で2019年ですが、まだまだふるさと納税は間に合います!その恩恵にぜひあずかりましょう!