129. Schooとは?料金や使い方について

NO IMAGE


ご無沙汰しています。小栗旬です。

今日はSchooのご紹介。

 

Schoo - 学べる生放送コミュニケーションサービス

 

Schooはざっくりゆうとe-learning教材と生放送動画配信を組合わせたプラットフォームサービスです。

ログインすると色々なジャンルの講義がアップされていて、無料もしくは有料で閲覧することが可能です。

 

Bitcoinについての解説から、サプライズの秘訣など、ジャンルは多岐に渡りますが、どちらかとゆうとIT系

が多い印象。

 

先日お伝えしたUdemyといい、最近こうゆうの流行ってますね。

Udemyで仮想通貨投資を勉強する

 

Udemyと違うのは、何と言っても安い点!!!

もう少しいうなら、Schooは日本のサービスで、生放送の動画コンテンツもある点です。

(Udemyと違って実は英語のコンテンツが大半とかが無いです)

 

番組表が組まれていて、毎日何かしらの生放送がされてます。

生放送にはチャットで参加可能。

 

私が今気になっているのは以下。

「色々な方にアドバイスを受けながら、タレントさんが実際に100万円を投資運用する」

という企画です。3ヶ月続くので、まずは明後日の第一話を見てみようかと。

 

 


<スポンサードリンク>




 

Schooとは?料金や使い方について

 

Schooとは?は冒頭で説明してしまったので、続きて料金や使い方を整理します。

 

まず料金!

 

  • 生放送:原則無料(ただしプレミアムというのは月額980円の会員でないと閲覧不可)
  • 動画コンテンツ:原則有料(プレミアム会員にならなきゃダメ。ただし月980円で見放題

 

となっています。

 

なお、初回登録時に無料チケットが一枚だけ付いてくるので、1回だけ無料で好きな教材をみる

ことができます。

 

次に使い方、Webベースでの授業と、スマホアプリでの受講の2通りがあります。

スマホに教材をダウンロードできるので、電車移動などの際には良いかも!

 

こちらからユーザ登録を行うと利用できます。

利用時に必要なのは、(無料のみの利用なら)メールアドレスだけ!

 

使ってみての感想は後日投稿します!