84. Google AdSenseアプリの使い方(見方)

  • 2018.07.03
  • IT
NO IMAGE


今日は備忘録的にGoogleAdsenseアプリの使い方(見方)を書きます。

#今回はスマホ版のみです

 

 

Google AdSenseはGoogleが提供する連動型広告配信サービスです。

Google Search ConsoleやGoogle Analyticsと合わせてブロガー必携の

の3種の神器といっても良いものです。

が、Web系に疎い私にはわからない単語もあったので調べてみました。

(このブログもGoogle AdSenceのお世話になっています)

 

Google AdSenceの承認を得るための対応内容まとめはこちらをご確認ください。

 


<スポンサードリンク>


 

Google AdSenseアプリの使い方(見方)

 

Google AdSenceアプリを起動後に表示される画面には、これまでの収益が表示されるの

ですが、その収益をクリックすると色々なデータを確認する事ができます。

以下にその内容をまとめます。

 

項目名 説明 備考
合計の見積もり収益額 そのまま、収益額です。
ページビュー

閲覧されたページの数です。

1名でも、10ページみたら、10ページビュー。

表示回数

AdSense広告が表示された回数です。

広告が3つあるページを2ページみたら、カウントは6。

クリック数

広告がクリックされた回数。

ページCTR

1ページあたりの広告クリック率。

10PVで2回広告がクリックされたら、20%。

クリック率

ブログ閲覧者で広告をクリックしてくれた人の割合。

クリック単価

 1クリックあたりの価格。

ページRPM

1000回ページ表示した際に予想される収益額。

広告数でなくページ数で計算。

インプレッション収益

1000回広告表示した際に予想される収益額。

ページビューでなく広告数で計算。

カバレッジ

広告リクエストへの広告配信率。100%が理想。

何らかの原因で配信されない場合に%が落ちます。

 

ちなみにインプレッション収益は広告がクリックされなくても表示されるだけで収益が

発生するという神がかったものです。

 

AdSenseで得られるデータはブログを書く上でのモチベーションにもなるので、

ウォッチしながら更新していきたいと思います。